グラフと背広の人

クラウドシステムの登場

導入コストが問題だったPOSシステムはクラウドシステムの登場により低価格化が進んでいます。大手に限らず個人商店のレベルでも導入ができるようになっているため、経営計画を立てるための導入を検討する意義が深まっているのが現状です。

店舗

事業計画に基づく資金獲得

店舗開業の準備として店舗を用意するための資金獲得が必要になります。事業計画に基いて必要十分な資金を獲得するために初期コストと運営コストを試算する必要がありますが、莫大なエネルギーを必要とするのでプロに試算を依頼するのが手堅い方法です。

知名度を利用できる

勉強

収益は比較的安定している

塾を自分で経営しようとしても、ノウハウがなければ、経営を行うのは難しくなっています。しかしフランチャイズ制度を利用することで簡単に経営を開始することができるのです。大手の塾では、コンビニエンスストアのように各地に塾を設立することで利益体質を向上させています。しかしすべての塾を直営で経営すると人件費などのコストがかかり過ぎてしまう懸念があります。そのため、フランチャイズ方式を採用して収益体質を向上することが主流になっています。マニュアルやノウハウを提供し、そして知名度からユーザーが集まりやすいことでオーナーとなる人にとっても利便性が高いメリットがあります。塾によって異なりますが、ロイヤリティを支払う必要がある事は認識しておかなければなりません。数十パーセントの高いロイヤリティを支払いますが、それ以外の経費を除いてすべてオーナーの収入になるのです。コンビニエンスストアなどのフランチャイズの場合には、その時によって顧客の数が変動します。そのため、一定額のロイヤリティを支払い続けるリスクも存在するのです。しかし塾の場合には、一定の顧客を確保したのちには、安定した収益を確保することができるため、他の形態より収益の安定性が高くなっているのです。そのため、フランチャイズに二の足を踏んでいる人にとっても利用しやすい営業形態になっているのです。少子高齢化により需要が減少することが懸念される業種にはなりますが、高学歴が必要とされる世の中であるため、需要は残されているのです。

女の人

東南アジアにある国です

インドネシアはアジアで三番目の人口を抱える国家で、多くの海外企業が進出をしています。日本企業でもインドネシアに進出する企業は増えていて、ビジネスを成功に導くために、コンサルティング会社を利用する企業も多くあります。